後楽園でのお食事処として、そしてお顔合わせ・結納・挙式・披露宴など、ご利用お待ちしております。

後楽園での祝言結婚式

古くから日本に伝わる日本人の結婚式
【祝言(しゅうげん)】 人と人、家と家の結びつき大切にしてきた神聖な儀式です。
四季彩では後楽園内において、この【祝言(しゅうげん)】をご親族のみで厳粛に執り行います。
 

新婦、新婦ご両親、ご親族の入場

開式

一、お神酒合わせの儀
二、誓盃の儀(三三九度)夫婦固めの杯
三、親子固めの杯の儀
四、親族固めの杯の儀
五、誓いの言葉
六、結い紐の儀(指輪の交換)

閉式 手締め

新郎・新婦退場、ご両親、ご親族の退場
 

一、お神酒合わせの儀
 通称『お水合わせの儀』と呼ばれ古代 から伝わる儀式です。新郎新婦の汲んで きたお互いの実家の水を一つの杯に注ぎ 合せて飲む儀式です。
 お互いの水(環境)で育った新郎新婦が それぞれの家風の違いを乗り越えて一つ になり、二人で新しい家庭、水、環境を これから築いて行けるようにとの願いが 込められているとのことです。四季彩では お水に替えてお神酒で行います。
 
二、誓杯の儀(三三九度)
 三三九度とは新郎新婦がともにお神酒 を飲み交わして結婚を誓い合う儀式です。 3杯ずつ3度、盃をやり取りするために そう呼ばれています。正式には小盃を 新郎・新婦・新郎の順で飲み、中盃を 新婦・新郎・新婦と飲み、最後に大盃を 新郎・新婦・新郎の順で飲むのが正式な 作法とされ、これが3つの盃で三献づつで 合計九献との三三九度の語源です。
 小盃は過去を表し、新郎新婦のめぐり合 わせを先祖に感謝する意味が込められ、 中盃は現在を表し、二人で末永く力を合せ て生きていくとの意味が込められ、大盃は 未来を表し、一家の安泰と子孫繁栄の願 いを込めています。四季彩では正式な作 法で行います。
 
三、親子 固めの杯
 はじめに、新郎の両親と新婦の間で交わされる杯。
 新婦は杯を交わした後『幾久しくよろしくお願いいたします』と挨拶。
 次に、新婦の両親と新郎の間で交わされる杯。
 新郎は杯を交わした後『よろしくお願いいたします』と挨拶。
 
四、親族 固めの杯
 新郎、新郎両親、親族と新婦、新婦両親、親族との間で交わされる杯。
 両家は杯を交わした後に『よろしくお願いいたします』と挨拶。
 
五、誓いの言葉
 新郎新婦がご先祖様、ご両親、ご親族に対して誓う言葉。
 
 
六、結い紐の儀
 赤い水引の輪を、新郎新婦がお互いの小指に結び合う儀式です。
 目に見えない運命の赤い糸を結び合う一生に一度の、一生の約束指輪の交換の替りに行います。
指輪交換がある場合はそれをもってこの儀といたします。
 

 手を打つ(柏手)のは喜びを表すことでは 万国共通ですが、手締めで手を打つ(けじ め)は日本の神話にルーツがあり、古事記 の『国譲り神話』で、天照大神(あまてらす おほみかみ)から出雲の国を譲るように言 われた大国主命(おおくにぬしのみこと) が長男の事大主神(ことしろのみこと)に 返答を求めた所、柏手を打って承知したと いう神話から、柏手を打つことが物事を落 着させることとなり、柏手を打つ―手を打 つ―手締めとされています。
 一本締めとは…主催者が音頭を取り (チャチャチャン)(チャチャチャン)『チャ チャチャン』(チャン)と10回手を打ちます。 三、三、三、一と三が3つで合計九となり、 これに最後の一で丸という字になり『丸く 収まりました』という意味を表しています。 最初の『イヨォーッ』は『祝おう』から転じ た言葉です。日本伝統お祝いの手拍子手 締めは結婚式には最高のお祝いの仕方 です。この一本締めを3回繰り返します。 一本目は主催者(ご両家両親に)、二本目 は来客者(ご親戚に)、三本目はこの行事 (結婚式新郎・新婦に)お祝いをいたします。
 

後楽園

ブライダルフェア
画像をクリックするとPDFが開きます▲

カップルリポート

鶴原御夫妻様

挙式:2017年2月
鶴原御夫妻様

式当日はお天気にも恵まれ、日本三大庭園の後楽園の景色とも相俟って良き日になりました。祝言式への参加が初めてのゲストの方も多く、お琴や笛の演奏の中で厳かな雰囲気のお式は新鮮だったと喜ばれました。ご参加頂いた皆様に良い式だったねと言っていただけました。

宗次御夫妻様

挙式:2016年6月
宗次御夫妻様

新幹線の運転士と車内販売員のお二人で、ケーキはご覧のように新幹線700系!車両の上には新郎新婦とペットのワンちゃんが乗車しておりました。

松下御夫妻様

挙式:2015年5月
松下御夫妻様

パティシエの新郎による手作りケーキ、画家の新婦による手作りウェルカムボード・席次表、岡山らしく鰆とままかり・黄ニラを入れたいといったご出席の皆さまに楽しんで頂く「こだわり」をお持ちのお二人でした。遠距離での打ち合わせでしたがとても楽しい準備期間を御一緒させて頂きました♪

 
もっと見る

四季彩 お問い合わせ
四季彩 お電話 お問い合わせ四季彩 FAX お問い合わせ四季彩 フォーム お問い合わせ四季彩 メール お問い合わせ